FC2ブログ

2016年6月のアメブロ投稿より

Category未分類
 0
転載ここより
 アンナチュラ スパ オーナーです。
今日はいつもと違った時事問題について書きたいと思います。いつもの癒しのブログではないので、真面目な記事になります。
ごくたまにこういう記事も書きますので、お許しくださいね。。まじめなの嫌いな方スルーくださいませ。
 
同じ沖縄県民として感じている事ではありますが、私個人の意見ですので、ここに宗教的意味、政治的意味はありません。
 
沖縄で、起きた悲しい事件については 皆さんも既にご存知だと思います
素敵な笑顔をした二十歳の女性の未来が、一人の人間の身勝手な欲望によって断ち切られた事件です。
先日の県民集会では数万人に県民が集まりました。
そして、口をそろえて、基地がこのような犯罪の温床なのだと叫びます。
 
 
私はこういう犯罪が起こる度に思います。
もしも私が、そしてあなたが、被害者の家族なら、その胸の内を表す言葉はみつからないでしょう。自分の身が切り裂かれるほどの苦しみだと思います。
 
 
でも、もしも基地がなくなったらこういう犯罪は減るのでしょうか?
こういう犯罪は基地がなくなっても減らないと思います。もちろん基地がなければ起こらなかった事件かもしれませんが、基地という枠をはずしても、どの国でもどの地域でも起こっている悲しい事件です。
 
 
「基地があってもなくても、このような犯罪はあってはならない。
またこのような犯罪があろうが、なかろうが
基地は縮小しなくてはならない」と石垣市長がおっしゃっていたように、
基地をなくすことと
人が犯す罪とは、別にとらえなければならないと思うのです。
 
 
同じ人間として声をあげるなら、相手が米軍属だから、基地をなくせと、声をあげるのではなく、日本でも、アメリカでも、世界中のどこででも、●分間に1件起きているとされる性犯罪をなくせと、声をあげるべきなのです。そう、今。起きていることです。
周りの人にいうこともできず、声にならず、訴えることもできず、悲しみのなかに命を絶つ女性や、世界中のどこかでも、日本のどこかでも、子供たちが、魂のない大人の性的虐待の餌食になっている異常事態にも声をあげ、目を向けるべきなのです。
 
 
 
 
以前、ブータン国王が日本に来日した際に訪問した小学校で演説されたお話しがすごく心に残っています。
 
「龍は何を食べて大きくなるのか知っていますか?
龍は、経験を食べて大きく成長していくのですよ。
私たち一人ひとりの中に「人格」という名の龍が存在しているのです。
その龍は、年を取り、経験を食べるほど、
強く、大きく、なっていきます。
人は、経験を糧(かて)にして、強くなることができるのです。
そして何よりも大切なことは、
自分の龍を鍛えて、きちんとコントロールすることです。
この「龍」の話を、私がブータンの子どもたちにする時には、同時に、
「自分の龍を大切に養いなさい、鍛錬しなさい」
ということを言っています。
わがままを抑えることや、感情をコントロールして生きることが大切なのです。」
 
 
 
 
心の龍を律しできなくなりそうなとき、誰もが罪を犯すわけではありません。
その紙一重を保つのは、私たちの「律する」という理性、道徳を重んじた人格です。
その「人格」という名の龍が、その強さに傲慢になっていないか、その大きさに浸っていないか、利己的になっていないかを、調律する心を育てることが個人にできる責任だと思う一方で、
罪の心が眼を覚まし、浸食し、「欲」や「金」と結びついて増幅する恐れは、誰の身体にもある「潜伏菌」の存在と同じように、誰にでも、どの地域にも、どの国にも起こりうると識っておくべきかもしれません。
 
悲しい思いでニュースを聞くしかない、やるせない思いを持つ人(男性も含めて)は私だけではないでしょう。だからといって、事件にたいして、こういう事が起こってしまう世の中に対して無力感を感じる必要は、決してないと思うのです。よくないのは、「あ~またか、」とそれは日常茶飯事に起こることなのだ、とそんなニュースに、麻痺してしまう事ではないでしょうか。
 
まだまだ、書きたい事はありますが・・・
今日はこのへんで。
 
転載おわり
fujiko 
 
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment